menu

Press Release

研究室独自の成果や我々の研究分野の報告、共同研究の成果に関するPRESSです。

新聞等

  • 2022年     6月12日   BBC:Scientists create living human skin for robots
  • 2022年     6月11日   El PAIS:Investigadores japoneses usan piel humana para recubrir el dedo de un robot
  • 2022年     6月10日   日本経済新聞:皮膚のある指型ロボット、傷を自己修復 東京大学が開発
  • 2022年     6月10日   時事ドットコムニュース:人の培養細胞で覆った「指」 将来は義手義足などに―東大
  • 2022年     6月10日   マイナビニュース:修復能を持つ培養皮膚付き指型ロボットの開発に成功、東京大学
  • 2022年     6月10日   読売オンライン:人間に近い「肌感」実現へ、生きた細胞の皮膚で指型ロボット…傷ついても再生
  • 2022年     6月10日   産経新聞(THE SANKEI NEWS):傷が治るロボット実現 ヒトの皮膚細胞
  • 2022年     6月10日   Diario ABC:Crean una piel viva para robots que es capaz de ‘autocurarse’, como la humana
  • 2022年     6月10日   INSIDER:Scientists have crafted living skin for robots, further blurring the line between human and machine
  • 2022年     6月10日   ABC Science:Scientists wrap robotic finger with ‘living human skin’ that can heal itself
  • 2022年     6月10日   Smithsonian Magazine:How Humanlike Do We Really Want Robots to Be?
  • 2022年     6月10日   ZME Science:Researchers develop ‘living skin’ and graft it onto a robotic finger
  • 2022年     6月10日   Scientias.nl:Net esht: Wetenshappers maken robothuid van levende menselijke cellen
  • 2022年     6月  9日   Courthouse News Service:Japanese scientists put living skin on robots
  • 2022年     6月  9日   IFLScience:This Robotics Finger Has Living Skin Made From Human Cells That Can Heal
  • 2022年     6月  9日   Science News:Scientists grew living human skin around a robotic finger
  • 2022年     6月  9日   Spain EL MUNDO:Un dedo robotico con aspecto humano: asi se cultiva piel viva en 24 dias
  • 2022年     6月  9日   Newsweek:Scientists Develop Living Human Skin for Robotic Finger
  • 2022年     6月  9日   New Scientists:Scientists covered a robot finger in living human skin
  • 2022年     6月  9日   The Guardian:Scientists make ‘slightly sweaty’ robot finger with living skin
  • 2022年     4月  8日   食品新聞:「食べられる培養肉」日本で初めて作製に成功 日清食品HDと東京大学
  • 2022年     4月  4日   日本食糧新聞:日清食品HDと東大、食べられる「培養肉」作製 ステーキ肉実用化へ前進
  • 2022年     4月  3日   財経新聞:日清と東大、「食べれられる培養肉」の作成に成功 国内初
  • 2022年     3月31日   毎日新聞:動物の筋細胞から初の「培養肉」 日清と東大、実用化へ前進
  • 2022年     3月31日   livedoor NEWS:「食べられる培養肉」初めて成功 日清食品HD×東大
  • 2022年     3月31日   Yahoo! ニュース:日本発「食べられる培養肉」成功
  • 2022年     3月31日   共同通信:日清食品と東大、筋細胞から国内初の培養肉
  • 2022年     3月31日   産経新聞:日本初「食べられる培養肉」東京大、日清食品HD
  • 2022年     3月31日   日本経済新聞:日清と東大、「食べられる培養肉」
  • 2021年   11月  8日   日経バイオテク 法人版:実用化に向けた開発競争が激化する培養肉
  • 2021年     8月23日   Yahoo! ニュース:「テクノロジー」×「食」のミライ 人工培養の肉、ドローンで種まき、AI漁師
  • 2021年     6月18日   山形新聞:拡張する未来 食とテクノロジー融合(6面) 
  • 2021年     6月12日   朝日新聞:ののちゃんのDo科学 培養肉はどうやってつくるの?
  • 2021年     6月11日   信濃毎日新聞:拡張する未来 ガラス皿上で細胞増やし作る培養肉 食料不足解決の切り札か
  • 2021年     5月18日   山日新聞:蚊の嗅覚再現 がんを診断へ 東大など 高感度センサー開発
  • 2021年     4月19日   日刊工業新聞:For Future 先端技術2 培養ステーキ肉に挑戦(6面) 
  • 2021年     4月16日   日刊工業新聞電子版:東大など、培養ステーキ肉に挑戦「持続可能な社会」実現へ
  • 2021年     4月14日   糖尿病ネットワーク:ヒトiPS細胞から膵島をつくり移植 血糖値の正常化に成功 レンコン状ゲルで細胞移植 1型糖尿病の根治をめざす
  • 2021年     4月14日   日経産業新聞:レンコン状ゲルで細胞移植 東大、糖尿病治療に応用めざす (11面)
  • 2021年     4月  2日   日刊工業新聞:東大など、レンコン状ゲル移植片開発 インスリン産生細胞内包(朝刊)
  • 2021年     3月  2日   Sitechdaily:Meeting the Meat Needs of the Future: Innovative Biofabrication of Beef Muscle Tissue in the Lab
  • 2021年     2月22日   しんぶん赤旗:蚊の臭覚システム利用 がん検知(12面)
  • 2021年     2月  9日   MONOist 医療技術ニュース:微量の匂い分子を検出する、蚊の臭覚受容体を利用した匂いセンサーを開発
  • 2021年     1月29日   読売新聞オンライン:調査研究 フードテックで地球を救う
  • 2021年     1月21日   朝日新聞デジタル:蚊の臭覚の仕組みで肝臓がんを感知  東大などのチーム、呼気に含まれるにおい物質検出
  • 2021年     1月19日   ニュースイッチ:検出確率は90%超、東大が「肝がん」判別するセンサーが作製
  • 2021年     1月18日   マイナビニュース:東大など、蚊の臭覚受容体を組み込んだ高感度匂いセンサの開発に成功
  • 2021年     1月18日   日刊工業新聞:肝がん目印 低濃度でも検出 東大、小型においセンサー(21面)
  • 2021年     1月14日   産経新聞:蚊の臭覚で微量のにおい検出成功 東京大 がんの予兆感知に期待
  • 2021年     1月14日   時事通信:蚊の臭覚、がん診断に利用 小型高精度のセンサー開発―東大など
  • 2020年   11月28日   ニュースイッチ:日清×東大も培養肉で参入!「フードテック」の進化が止まらない
  • 2020年   11月  1日   NIKKEI Asia:Is lab-grown steak coming to a grill near you?
  • 2020年   10月25日   ニュースイッチ:日清食品と東大が培養肉の商品化へ、技術開発とルール形成に着手
  • 2020年   10月15日   日経産業新聞:Innovation 牛の細胞から「培養肉」
  • 2020年     9月25日   読売中高生新聞:食肉不足 世界で需要
  • 2020年     5月12日   日本経済新聞:めざすは研究室産ステーキ 培養肉が地球を救う 食を拓く(2)
  • 2020年     4月23日   読売新聞:サイエンス&エコロジー 代用肉・培養肉〝本物の味へ〟
  • 2020年     3月17日   日経産業新聞:人工細胞が特定分子ため込む(6面)
  • 2020年   2月25日   フジサンケイビジネスアイ:細胞培養の「牛ステーキ肉」はいかが
  • 2020年   2月  1日   ZUU online:食肉が究極の贅沢になる日
  • 2020年   2月  1日   J-CASTニュース:代替肉が「定番」になる日、意外と近い?
  • 2020年   1月24日   毎日新聞:培養肉普及へ企業連合発足 9月にも政府関係者向け試食会
  • 2020年   1月  9日   ABEMA TIMES:食糧問題解決の切り札に⁉世界で開発が進む「代替肉」「培養肉」の世界
  • 2020年   1月  1日   東京新聞:<環境視点>(上)ステーキから考える 人工開発肉、背景に温暖化
  • 2019年 12月18日   日本食糧新聞調査レポート:2020年トレンド予測 代替食で新市場を創り出せ
  • 2019年 12月11日   毎小ニュース:科学 培養肉(その1)地球を救う?動物の細胞、増やして食品に
  • 2019年 11月29日   毎日新聞:培養肉、地球を救う? 動物の細胞増殖させ食品に 産官学研究へ
  • 2019年 11月28日   毎日新聞:フォアグラも身近な食材に⁉「培養肉」がもたらす可能性と不安
  • 2019年 11月28日   毎日新聞:産官学で来年1月にも「培養肉研究会」発足へ 動物の細胞から食用の肉を作る
  • 2019年 11月22日   日本食糧新聞:日清食品HDと弘前大学研究グループ 培養肉の大規模意識調査で意識変化に可能性(22面)
  • 2019年 11月18日   食料醸界新聞:日本初「培養肉の大規模意識調査」
  • 2019年 11月10日   日経ヴェリタス:フードテック特集にて 培養ステーキ肉の取り組みの紹介
  • 2019年 11月  8日   リサーチ・リサーチ:培養肉に関する大規模意識調査(20歳から59歳までの男女対象)
  • 2019年 11月  8日   フーズチャネル:「培養肉」の受容性の確認と受容性向上の施策検討を目的とした日本初の「培養肉に関する大規模意識調査」を実施
  • 2019年 11月  7日   毎日新聞:科学の森「培養肉」進む研究開発 動物の細胞から食用の肉を作る
  • 2019年 10月24日   科学技術振興機構SienceWindow楽しく悩んで、食の未来を変える~「培養肉」研究の最前線~
  • 2019年   9月  2日 福井新聞:「脱ミート」関心高まる
  • 2019年   8月30日 山口新聞:じわり広がる「脱ミート」の波
  • 2019年   8月22日 CNET:「培養肉」は食糧問題に限らず再生医療へも寄与する研究–竹内教授×日清食品
  • 2019年   8月  9日 BLOGOS:人工肉、代替肉、培養肉…。肉とは一体なにか?
  • 2019年   8月  6日 日経新聞:いつかはステーキ培養中 肉は私がつくる
  • 2019年   8月  2日 サイエンスポータル:「培養肉」は未来の食卓にたくさん並ぶかー《JST共催》「培養肉」って、どういうもの?「培養肉」に期待するものは?~情報ひろばサイエンスカフェ~
  • 2019年   7月29日 NHK BS1ワールドウォッチング:食糧難から人類を救う?「培養肉」
  • 2019年   7月17日 京都新聞:培養ステーキ肉について
  • 2019年   7月  8日   SankeiBiz:食糧危機の”救世主”なるか 「人工肉」の期待と課題
  • 2019年   7月  7日 日経新聞:食用肉人工培養なるか 再生医療応用、環境にも優しい
  • 2019年   6月28日 熊本日日新聞:培養ステーキ肉について
  • 2019年   6月28日 EMIRA “牛肉は研究室で”作られる!「培養肉」研究の第一人者に食の未来を聞いた
  • 2019年   6月24日 静岡新聞:培養ステーキ肉について
  • 2019年   6月14日 山梨日日新聞:家畜に快適環境 動物福祉へ技術開発
  • 2019年   6月13日 ハーバービジネスオンライン:知られざる「培養肉」の世界。歴史上最大の「食文化」転換期か⁉
  • 2019年   6月10日 産経新聞:本物そっくり「人工肉」に注目 味や抵抗感払拭に課題も
  • 2019年   6月  9日 中国新聞:動物福祉に配慮 技術開発進む 培養肉について
  • 2019年   5月23日 日経新聞:人工肉でステーキを 細胞培養肉、実用化へ
  • 2019年   5月23日 朝日新聞デジタル:たんぱく質枯渇の人類を救うのは サナギ?藻?人工肉?
  • 2019年   5月21日 マイナビ学生の窓口:SF映画が実現に!世界初「培養ステーキ肉」研究の第一人者から未来の研究者へ
  • 2019年   5月20日   朝日新聞: 新たんぱく源を探せ 人口増で肉不足 救世主は虫?藻?培養肉?(23面)
  • 2019年   5月  1日 読売新聞: 今夜のごちそうは培養肉
  • 2019年   4月28日 Yahoo! ニュース: 牛の細胞から「培養肉」、サイコロステーキ状に…食卓に並ぶ日は?
  • 2019年   4月27日  News picks: 未来を喰らう#7 肉を再定義せよ【解説】「研究室生まれ」のステーキが、あなたの口に入るまで
  • 2019年   4月12日   東大新聞:ステーキ状「培養肉」の人工的作製に成功
  • 2019年   4月11日 朝日新聞:デザイン×科学=イノベーション 未来創る異分野タッグ
  • 2019年   4月  8日 朝日新聞:未来創る異分野タッグ 研究現場に「使う側の目線」、実用化へつなぐ
  • 2019年   4月  4日   読売新聞:「培養肉」研究 世界で活発 コストや安全性に課題も(夕刊8面)
  • 2019年   4月  2日 FNN PRIME: “謎肉”の次は「培養ステーキ肉」を開発中…実用化はいつ頃か?日清に聞いた
  • 2019年   4月  1日 フードウィークリーWEB:世界初の培養ステーキ肉 / 日清食品HD
  • 2019年   4月  1日 財経新聞: 東大と日清、世界初サイコロステーキ状の「ウシ筋組織」作製、培養肉ステーキに前進
  • 2019年    4月 1日 食品新聞: 培養肉について
  • 2019年   3月28日 AXIS:肉の食感がある 「培養ステーキ肉」が食卓に!? 日清と東大がサイコロステーキ状のウシ筋組織の作製に成功
  • 2019年   3月27日 日刊工業新聞S:サイコロステーキ状のウシ筋組織、東大と日清食品HDが作製
  • 2019年   3月26日 マイナビニュース:日清や東大生研など、サイコロステーキ状のウシの筋組織作製に成功
  • 2019年   3月25日 健康美容EXP:東京大学と連携『大麦若葉エキス末』骨格筋への糖取り込みを促進/東洋新薬
  • 2019年   3月23日 Engadget: 日清が新たな「謎肉」開発、ウシ細胞をサイコロステーキ状に培養
  • 2019年   3月22日 日経新聞:東大と日清 培養肉作製に成功 本物に近い食感
  • 2019年   3月22日 産経新聞:「培養肉ステーキ」へ一歩 日清食品、世界初の立体組織作製
  • 2019年   3月22日   ネタとび:人造ステーキ実用化への第一歩! 日清・東大・JSTが世界初となるサイコロステーキ状ウシ筋組織の作製に成功
  • 2019年   3月22日 イザ:「培養肉ステーキ」へ一歩 日清食品、世界初の立体組織作製
  • 2019年   3月22日 ニコニコニュース:究極の謎肉?日清と東大がサイコロ状「培養ステーキ肉」の筋組織作成に成功
  • 2018年 12月  9日 日経新聞:人工細胞膜チップ開発(朝刊30面)
  • 2018年 11月13日 日経新聞:KISTEC・東大、がん診断の小型装置を開発
  • 2018年   6月  4日   DIGITAL TRENDS:Japanese researchers have made robots with living muscle tissue
  • 2018年   6月  1日 新華社通信:日本研究人員発明”生物合成机器人”
  • 2018年   6月  1日   L’express:Ce mini robot a de vrais muscles
  • 2018年   5月31日 産経新聞:筋肉ロボ 人の腕と同じ動き(朝刊28面)
  • 2018年   5月31日 日刊工業新聞:東大、筋肉と機械融合 バイオハイブリッドロボ 義手などに応用(朝刊25面)
  • 2018年   5月31日 日経産業新聞:生体素材使う指型ロボ 東大、長時間動作可能に(朝刊5面)
  • 2018年   5月31日 朝日新聞:筋肉の伸縮で動くロボット(朝刊34面)
  • 2018年   5月31日 山梨日日新聞:培養筋肉で指ロボット(朝刊1面)
  • 2018年   5月23日 Phys.org:Reseachers make a two-neuron network
  • 2018年   5月22日 Scince Daily:Building a brain, cell by cell: Researchers make a mini neuron network (of two)
  • 2018年   5月22日 Techrunch:Reseachers recreate a brain, piece by piece
  • 2017年   11月1日 東進タイムズ:生きものづくりへの挑戦(8面)
  • 2017年   9月  9日 NHK NEWS WEB(WEB):東大がNYで報告会 研究成果を海外へアピール
  • 2017年   7月  1日 東進タイムズ:細胞をつかったモノづくり(12面)
  • 2017年   6月30日 日経産業新聞:残留農薬、高精度で検出(朝刊9面)
  • 2017年   6月29日 日経産業新聞:iPS細胞を効率培養 東大、ひも状ゲルで(朝刊12面)
  • 2017年   6月20日 マイナビニュース(WEB):揮発した残留農薬を空中から検知できる、非破壊検査可能なセンサを開発
  • 2017年   6月16日   日経新聞(WEB):東大など、揮発した残留農薬を迅速・特異的に空中から直接検知可能なセンサーを開発
  • 2017年     6月7日 日刊工業新聞:ひも状に効率培養 iPS細胞、4日で14倍(23面)
  • 2017年     3月6日 読売新聞:iPS細胞で血糖値低下(夕刊12面)
  • 2016年 10月25日 読売新聞:iPS心筋で新薬検査 東大 心臓への副作用 高精度で(夕刊12面)
  • 2016年 10月25日 Yomiuri Online ヨミドクター (WEB):iPS心筋で新薬検査、心臓への副作用を高精度で
  • 2016年 10月24日 産経新聞:人のにおい感じるロボット 東大など開発 蚊の嗅覚を利用(10面)
  • 2016年 10月24日 Economic News (WEB):蚊の嗅覚機能を応用した「汗のにおいセンサー」、人命救助の用途
  • 2016年 10月16日 大学ジャーナル (WEB):蚊の嗅覚を使ったセンサを開発、災害ロボットに応用 東京大学など
  • 2016年 10月16日 J-CASTニュース (WEB):憎まれ者の蚊が人命救助に一役 汗のにおいを感知し不明者捜索
  • 2016年 10月13日 化学工業日報:人のにおいセンサー 蚊の受容体応用(朝刊5面)
  • 2016年 10月13日 ハザードラボ (WEB):蚊のセンサーで人助け?汗の匂いを感知して不明者捜索へ
  • 2016年 10月10日 日経新聞:蚊の触覚活用ロボ 人間の臭いで動作(朝刊13面)
  • 2016年 10月10日 日刊工業新聞:汗のにおいで人命救助(3面)
  • 2016年 10月10日 毎日新聞:人のにおい かぐロボット(朝刊30面)
  • 2016年 10月10日 毎日新聞 (WEB版):ロボット 人のにおい反応し動く蚊の嗅覚を利用
  • 2016年 10月10日 日刊工業新聞(WEB版): 汗のにおいで人命救助!蚊の嗅覚器機能を応用した小型センサー
  • 2016年   10月8日 神奈川新聞:人のにおいを感知するロボ(朝刊22面)
  • 2016年   7月24日 読売新聞:進化するバイオセンサー 生物の力で健康診断(21面)
  • 2016年   6月22日 日刊工業新聞:拓く研究人 人工細胞膜 創薬など活用 大崎寿久(31面
  • 2016年   6月14日 日刊工業新聞:本物並みに縮小制作 人工細胞膜で覆う球体 薬物送達に応用(21面)
  • 2016年   5月18日 Medical Device (WEB):Over the barrier-understanding fetal fluid transmission
  • 2016年   2月  5日     Asian Scientist (WEB):Placental Microvilli ‘Grow’ With The Flow
  • 2015年 11月16日 日経産業新聞:培養液流すと「発毛」東大など ヒトの胎盤細胞で発見(8面)
  • 2015年   8月31日 日経新聞:人工神経を作製 マウス生着確認 慶大と東大、脊髄の傷に移植(朝刊15面)
  • 2015年   8月20日 Yahoo!ニュース:におい検知・捜索ロボ開発へ…蚊の能力を応用
  • 2015年   8月20日    読売新聞online(英語版):Researchers to tap mosquitoes’ sense of smell to develop rescue bot
  • 2015年   8月19日 読売新聞:におい検知 捜索ロボ(夕刊1面)
  • 2015年   6月  9日 東京大学新聞:互いに刺激し合う未来へ(3面)
  • 2015年   4月22日 日経産業新聞:病原体10分で検出(10面)
  • 2015年   4月14日 東京大学新聞:東大最前線ナノテクノロジー 二つの手法を融合(7面)
  • 2015年   3月23日 化学工業日報:高感度でウイルス検出(4面)
  • 2014年 12月16日 日経産業新聞:「人工鼻」実現へ一歩(2面)
  • 2014年 11月20日 毎日新聞:培養細胞で人工関節を曲げ伸ばし(朝刊15面)
  • 2014年 11月18日 日経新聞:生き物らしさを探る (朝刊13面)
  • 2014年 11月  6日 朝日新聞:筋肉で動く人工関節 (朝刊16面)
  • 2014年 10月29日 日刊工業新聞:3Dプリンターで臓器作製へ (13面)
  • 2014年 10月27日 日刊工業新聞:指先の人工関節 作製 (19面)
  • 2014年 10月25日 日経新聞:筋組織から「人工の指」 (朝刊42面)
  • 2014年   8月  8日 日経産業新聞:細胞で匂いセンサー (10面)
  • 2014年   8月  7日 日経産業新聞:化学物質のセンサ 富士山頂でも検知(朝刊10面)
  • 2014年   8月  5日 日刊工業新聞:細胞でにおいセンサー(21面)
  • 2014年   8月  4日 日経BP:「イヌの嗅覚を再現できるかも」、空気中の匂い物質を感知する昆虫由来の細胞センサーを東大が開発 (online)
  • 2014年   5月20日 日刊工業新聞:接着細胞 多角的に観察 (23面)
  • 2014年   4月27日 読売新聞:細胞組み立てて臓器に (12面)
  • 2014年   3月  7日 科学新聞:「育志賞」18人に (5面)
  • 2014年   2月25日 日経新聞:脳の神経細胞 立体で再現(18面)
  • 2014年   2月21日 日経Tech-On:細胞が分子を検知する仕組みを応用して高感度のセンサーを開発
  • 2013年 12月31日 日経新聞:筋肉難病、再生医療に道 神経と筋肉一体作製(11面)
  • 2013年 12月14日 読売新聞:神経細胞の立体成形技術 病気治療に応用も(夕刊14面)
  • 2013年   6月25日 薬事日報:【神奈川科学技術アカデミー】人工細胞膜の大量作製に成功‐イオンチャネル創薬システム応用
  • 2013年   6月19日   YAHOO!ニュース:KASTなど、ロボット技術を応用した「自動人工細胞膜形成システム」を開発
  • 2013年   6月19日 日刊工業新聞:画像表示 立体・平面自在に -レンズシート-(17面)
  • 2013年   6月19日 日刊工業新聞:東大、立体視・平面視切り替え可能なレンズシート開発-スマホ向け用途期待(電子版)
  • 2013年   4月23日 日刊工業新聞:拓く2 研究人 東京大学生産技術研究所 竹内昌治(20面)
  • 2013年   4月  2日 毎日新聞:直径0.1ミリ ひも状細胞 (夕刊8面)
  • 2013年   4月  2日 日経新聞:細胞生きたままひも状に加工 (16面)
  • 2013年   4月  2日 日経産業新聞:細胞 生きたまま糸状に (9面)
  • 2013年   4月  1日 読売新聞:細胞 生きたまま「ひも」に (2面)
  • 2013年   4月  1日   Le Monde: Des microfibres bourrées de cellules pour reconstruire des tissus vivants
  • 2013年   4月  1日 時事通信:細胞でひも作製=神経や筋肉の機能確認-東大
  • 2013年   4月  1日 化学工業日報:細胞の”ひも化”実現 (9面)
  • 2013年   4月  1日 日刊工業新聞:生体細胞 糸状に加工 (17面)
  • 2013年   4月  1日 朝日新聞:細胞ひもになった (夕刊2面)
  • 2013年   1月17日 朝日新聞:細胞の縮む力利用し立体作製 東大生産研 再生医療への応用期待(33面)
  • 2013年   1月15日 東京大学新聞:細胞で立体構造作る 新薬や再生医療に
  • 2012年 12月23日 読売新聞:細胞の力で「折り紙」 縮む性質地用して立方体作成(15面)
  • 2012年 12月14日 日経産業新聞:細胞で「折り紙」 再生医療へ応用分野(8面)
  • 2012年 12月14日 化学工業新聞:細胞を立体構造に 折り紙の原理を用い創薬などに応用期待(9面)
  • 2012年 12月14日 日刊工業新聞:細胞で折り紙 生体組織の微細立体構造(25面)
  • 2012年 12月13日 日経新聞:細胞で「折り紙」 東大立体作製に成功(夕刊14面)
  • 2012年 12月13日 東京新聞:細胞で折り紙 立体構造作る(夕刊8面)
  • 2012年 12月13日 毎日新聞:細胞で折り紙 立体に(夕刊4面)
  • 2012年 11月  5日 日刊工業新聞:短時間に定量分析 KAST免疫測定チップ開発(17面)
  • 2012年 11月  1日 日経新聞:免疫測定チップ コスト1/10(29面)
  • 2012年 10月30日 日経産業新聞:免疫の定量分析、費用1/10 (10面)
  • 2012年 10月25日 日経新聞(神奈川版):菌など抗原量 分析容易に 免疫測定チップ開発(35面)
  • 2012年 10月24日 化学工業日報:免疫測定チップ開発 食品試験などに用途(5面)
  • 2012年   7月20日 日刊工業新聞:ナノファイバの繊維方向 溶液の流し方で制御(20面)
  • 2012年   7月  3日 化学工業日報:ナノファイバーの向き制御 異方性を30倍変化(8面)
  • 2012年   7月  3日 読売新聞(関西版):「ゴールド・メダル賞」受賞者3人大阪講演 未来の健康医療を拓く小さなモノづくり(12面)
  • 2012年     6月  3日 読売新聞:細胞から臓器をつくる(14面)
  • 2012年   4月15日 読売新聞:ゴールド・メダル賞 流体の利用で発明次々(21面)
  • 2012年   2月17日 薬事日報:創薬スクリーニングに新手法(8面)
  • 2012年   2月15日 化学工業日報:低分子化合物 迅速・高精度に評価(9面)
  • 2012年   2月10日 化学工業日報:医薬候補化合物を効率選別 KASTが新技術(8面)
  • 2012年   2月  7日 日経産業新聞:薬候補物質評価3時間 東大・KAST新手法開発(10面)
  • 2011年 10月28日 日経産業新聞:薄膜積層、量産技術を開発 東大の有機・無機複合材(10面)
  • 2011年 10月  5日 日経産業新聞:微小ブロックで神経組織 組み合わせで複雑な形に(9面)
  • 2011年 10月  2日 読売新聞:高血糖を光ってお知らせ 耳に埋め込み可能な繊維(15面)
  • 2011年     9月30日 日経産業新聞:0.1ミリのカプセル量産技術 薬剤入り、DDSに応用(11面)
  • 2011年   8月12日 産経新聞:光る耳で血糖値を測定(12面)
  • 2011年   8月  3日 日経TechOn:耳が光って血糖値の変化が分かる、東大生産研などがマウスでのセンサ長期埋め込みに成功
  • 2011年   8月  2日 日経新聞:血糖値続けて計測 糖尿病の治療に活用(34面)
  • 2011年   8月  2日 毎日新聞:管の光で血糖値を測定(6面)
  • 2011年   8月  2日 日経産業新聞:血糖値に応じ光る繊維状センサー4ヶ月後も正確(10面)
  • 2011年   8月  2日 共同通信:光るマウスの耳で血糖値分かる 糖尿病患者に朗報か
  • 2011年   5月18日 日経新聞:コカイン25秒で検出 微量でも精度ほぼ100%(34面)
  • 2011年   5月18日 日刊工業新聞:1分でコカイン検出 手のひらサイズの装置開発(18面
  • 2011年   3月15日 日刊工業新聞:生きた細胞を3D高速形成(24面)
  • 2011年   3月  7日 産経新聞:産業用ロボットの改良の装置で3次元の細胞組織を自動形成(9面)
  • 2011年   3月  2日 日経新聞:細胞の立体組織思い通りの形に(38面)
  • 2011年   3月  2日 日経産業新聞:細胞から組織、自動成形(6面)
  • 2011年   3月  1日 時事通信:細胞の3D形成に成功=高速かつ正確、再生医療にも
  • 2011年   1月  4日 日経産業新聞:MEMSを「産業の豆」に(上)(10面)
  • 2011年   1月  1日 日刊工業新聞:ロボット姿多彩に(23面)
  • 2010年 12月13日 日本経済新聞:立体状の神経組織 脳に移植し組織結合(夕刊14面)
  • 2010年 11月28日 山梨日日新聞:東京発元気甲州人、機械と生体 融合探る(4面)
  • 2010年 10月29日 科学新聞:戦略的創造研究事業 JSTがERATO型の新領域を決定(2面)
  • 2010年 10月  5日 日経産業新聞:血糖値高いと発光、体内埋め込み型センサー、24時間監視容易に、東大など(11面)
  • 2010年 10月  5日 日本経済新聞:血糖値を24時間監視、東大など、光るセンサー、急な変動、素早く把握(42面)
  • 2010年  10月2日 小学館JapanKnowledge.com:今日の人物, 2010
  • 2010年  9月03日 朝日新聞:におい区別するロボットを製作(19面)
  • 2010年  8月24日 日本経済新聞:においかぎ分けるロボ(38面)
  • 2010年  8月24日 読売新聞:生きた細胞で「嗅覚」再現(夕刊2面)
  • 2010年  8月24日 毎日新聞:虫の仕組みでにおいをキャッチ(夕刊9面)
  • 2010年  8月24日 日経産業新聞:においかぎ分けセンサー(9面)
  • 2010年  8月24日 日刊工業新聞:細胞でにおい検出(22面)
  • 2010年  8月24日 東京新聞:特定フェロモンかぎ分けるロボ(3面)
  • 2010年  8月24日 化学工業日報:フェロモン検地ロボ開発(9面)
  • 2010年  8月24日 TechNewsDaily:Frog Egg Cells Key Ingredient in Robotic Nose
  • 2009年  9月15日 朝日新聞:人工細胞 生命理解の新手段、増殖や動く細胞作り目指す(23面)
  • 2009年  2月10日 東京大学新聞:細胞を別の細胞で包む (1面)
  • 2009年  2月  3日 フジサンケイビジネスアイ: 培養細胞で人形 再生医療にも道 (15面)
  • 2009年  2月  2日 朝日新聞:コラーゲン、細胞を接着 再生医療に活用期待(8面)
  • 2009年  1月30日 科学新聞:階層化組織を立体形成 異種細胞ビーズ作製 (1面)
  • 2009年  1月26日 化学工業日報:細胞を任意の立体構造に (8面)
  • 2009年  1月26日 日刊工業新聞:細胞カプセルで人形 東大 異なる種類立体的配置 (18面)
  • 2009年  1月23日 毎日新聞: 生きた皮膚細胞立体的な人形に(夕刊10面)
  • 2009年  1月23日 日経新聞:生きた細胞で5ミリの人型 再生医療などに応用(34面)
  • 2009年  1月23日 日経産業新聞:東大、細胞培養自在に立体構造 再生医療に応用へ(10面)
  • 2009年  1月23日 読売新聞:10万個の細胞の塊をつかって身長5mmの人形模型(35面)
  • 2009年  1月23日 産経新聞:生きている人形さん 人細胞組み上げ 再生医療に光 (23面)
  • 2008年  7月29日 化学工業日報:マイクロ流路チップ バイオ向け低価格で(1面)
  • 2008年  3月27日 NIKKEI他:分子通信の実現に向けた分子配送実験に成功
  • 2008年  1月30日 YahooBiz他:Takeuchi Research Group at UT Selects Tecella Triton for Parallel Bilayer Recording
  • 2008年  1月16日 日刊工業新聞:80um径の球状かご作製(32面)
  • 2007年  12月28日 日刊工業新聞:指先サイズの顕微鏡 薬液反応など観察 東大、明視野タイプ(1面)
  • 2007年  8月27日 日経産業新聞:東大 膜たんぱく質の特性 解析チップ試作 光造形で複雑な構造も(10面)
  • 2007年 7月24日 以降:DNPとの共同成果に関するinternet記事:electronicjournal,sijapan,nikkei-IT,edresearch
  • 2007年 7月24日 化学工業日報:大日本印刷-東大 シリコンでマイクロ流路チップ開発(1面)
  • 2007年 7月20日 日本経済新聞:大日本印刷 バイオ実験チップシリコンで作製 大学・企業向け来月生産(15面)
  • 2007年 7月12日 日経産業新聞:「21世紀の気鋭」竹内昌治氏 膜タンパク質解析チップ(11面)
  • 2007年 1月23日 日刊工業新聞:細胞を含むマイクロメートルのゲル数万個まとめて創製(30面)
  • 2007年 1月22日 日経産業新聞:膜タンパク質 解析チップ東大が試作(11面)
  • 2007年 1月19日 日刊工業新聞:超薄型0.02mm実現 有機ELデバイス(1面)
  • 2007年 1月17日 日経産業新聞:微粒子一万個を個別に制御(11面)
  • 2006年 11月  7日 日刊工業新聞:東大が技術開発 微小”試験管”一度に数万個 DNAなど大量実験(1面)
  • 2006年  10月27日 日刊工業新聞:東大 極小の脂質膜カプセル シャボン玉の要領で作製(1面)
  • 2006年  8月11日   日刊工業新聞:微小化学分析システム 膜タンパク質の機能解析(30面)
  • 2006年  8月  8日   日刊工業新聞:脂質2重膜 狙い通りに 東大がマイクロTAS中に 膜タンパク質解析に道(33面)
  • 2006年  8月  2日 日経産業新聞:脳内に埋め込む小型電極 生体内で軟らかく(13面)
  • 2006年  3月23日 日経産業新聞:細胞一個単位で接着 再生医療の臓器作成に有望(11面)
  • 2006年  2月  7日 東京大学新聞:微小な粒子並べる新手法を開発
  • 2006年  1月30日 化学工業日報:東大 新マイクロチップ開発 固定化と取り出しが容易(11面)
  • 2006年  1月27日 科学新聞:マイクロ流路を利用簡単にアレイ状配列 東大生研がチップ開発(1面)
  • 2006年    1月20日 化学工業日報:東大 人工細胞膜チャンバーを開発 HTS創薬に展開期待(11面)
  • 2006年  1月19日 日刊工業新聞:流路に微小物質捕捉 薬剤耐性 解析などに利用 (26面)
  • 2006年  1月17日 日刊工業新聞:コイル・Cの字・ジグザグ 大腸菌の形を制御(1面)
  • 2005年  11月22日 日刊工業新聞:マイクロデバイス中に脂質2重膜を再現 東大 縦・横向きの再現技術開発(25面))
  • 2005年  10月10日   日刊工業新聞:界面活性剤で覆われた微小液滴 電圧で瞬時に融合(18面)
  • 2005年  8月  1日   日刊工業新聞:大サイズの脂質2重膜を効率作製 流路ごとに作り分け 東大μTASを活用(22面)
  • 2003年  6月  4日 日経産業新聞:微小機械をつくる「MEMS」最前線(下) バイオ・医療 応用へ模索(7面)
  • 2003年  5月30日 日経産業新聞:生体分子つなぎ微小機械動かす 東大チーム実験成功(12面)
  • 2002年  11月  6日 日経産業新聞:神経内の電気信号検出用微小電極を試作(12面)

    TVニュース等

  • 2022年   6月11日 ABC NEWS: Scientists in Japan develop human-like skin for robotic finger
  • 2022年   6月10日 CNN: Robots can now be built with living humanlike skin
  • 2022年   6月11日 NHK NEWS WEB: 生きた細胞で作った”皮膚”でロボットの表面を覆う技術 東京大
  • 2022年   6月10日 TBS NEWS DIG: 「生きた培養皮膚に覆われた指型ロボット」開発に成功 ~東京大学研究グループ
  • 2022年   6月10日 フジLive NEWSα: 傷も自己修復・「生きた皮膚」の指型ロボット開発
  • 2022年   6月10日 FNNプライムオンライン: 「生きた皮膚」の指型ロボット開発 傷も自己修復
  • 2022年   6月10日 日テレニュース: 世界初!”生きた皮膚”持つ指型ロボット開発 傷ができても”自己修復”
  • 2022年   6月10日 テレ朝ニュース: 世界初!”生きた”皮膚で覆われた指型ロボット開発 傷も自力で修復可能
  • 2022年   4月22日 NHK 漫画家イエナガの複雑社会を超定義: 「”人工肉”が食卓を変える⁉を超速解説の巻」
  • 2022年   4月  7日 BSテレ東 秒でNEWS180: 培養(ばいよう)肉ってなに?
  • 2022年   4月  1日 テレ朝ニュース: 「食べられる培養肉」初めて成功 日清食品HD × 東大 
  • 2022年   3月31日 日テレNEWS・news every: 食べれる素材で “培養肉” 日清食品×東京大学が開発成功
  • 2022年   3月31日 FNNプライムオンライン・ライブ news イット!: 日本初「食べられる培養肉」成功 “培養ステーキ肉” へ一歩
  • 2022年   3月31日 NHK ニュース シブ5時・ニュース7・おはよう日本: 日本初「食べられる培養肉」東京大学と食品メーカーが作成
  • 2021年  11月 9日 NHK 総合「あさイチ」: 肉の代わりとして開発が進む「代替肉」の最前線リポート
  • 2021年  11月 7日 NHK Eテレ「サイエンスZERO」:「暮らしの未来を守る!ミュオグラフィ&培養肉」
  • 2021年 9月16日 テレビ大阪 ニュース:『培養肉』がワカラン!日清食品も、東京大学も、ミシュランの名店も
  • 2021年 8月  5日 テレビ東京(BS)「探求の階段」: 生物の筋肉を使って動くロボット / 森本雄矢
  • 2021年 6月27日 NHK Eテレ「サイエンスZERO」:「薬開発からバイオマシンまで!”タンパク質”人工合成の世界
  • 2021年 4月22日 テレビ東京(BS)「探求の階段」: 培養ステーキ肉で食文化を守る / 古橋麻衣
  • 2021年 4月18日 日本テレビ「博士は今日も嫉妬する」: Case3 培養して作るステーキ肉
  • 2021年 3月10日 テレ東NEWS:目指すは“本物” 東大生研×日清食品の培養ステーキ肉【理系通信】
  • 2021年 1月26日 J-WAVE「KONICA MINOLTA GLOBAL SCALE」:開発が進む培養肉の今
  • 2021年 1月18日 NHKラジオ第1 ラジオ深夜便:深夜便かがく部「培養肉が地球を救う!」
  • 2021年 1月18日 NHK おはよう日本:“蚊のたんぱく質” 人工的に作り好感度の臭いセンサ―開発
  • 2020年 8月26日 NHK Eテレ:又吉直樹のヘウレーカ!「それでもお肉は食べられる⁉
  • 2020年 3月  5日 テレビ大阪系:「二代目 和風総本家」2時間スペシャル「見た事ない!東京の裏側潜入SP」
  • 2020年 1月28日 UP CLOSE/ JAM THE WORLD:細胞から食肉を生成する「培養肉」について
  • 2020年 1月17日 TBS Nスタ:お味は?次世代の肉・最前線「培養肉」で世界初ステーキ
  • 2019年 9月10日 テレビ朝日 グッドモーニング: 日清食品と東大の培養ステーキ肉研究の現場に潜入
  • 2019年 7月29日 NHK BS1 ワールドウォッチング: 食糧難から人類を救う?「培養肉」
  • 2019年 6月12日 CCTV(中国):日本初、筋肉組織を有する“人造肉”の培養、こちらはスペイン語版
  • 2019年 5月24日 日本テレビ NEWS ZERO:”世界初”サイコロステーキ状の「培養肉」とは?
  • 2019年 5月  7日 J-WAVE「ZOJIRUSHIモーニングインサイト」:「培養ステーキ肉」 が食べれる時代も遠くない?!
  • 2019年 4月18日 テレビ朝日 羽鳥慎一モーニングショー: 培養肉の開発研究について
  • 2019年 4月  4日 NHKラジオ「Nラジ」: 培養肉と代用肉 食の“倫理的消費”は日本で広がるか, NHK, Youtube
  • 2019年 3月25日 FNN Prime:「培養」でステーキ肉に“新時代” お肉好きに朗報!?
  • 2019年 2月26日 Davos(ダボス会議): Biohybrid Robotics</li>
  • 2018年 9月19日 中国CCTV::聚焦夏季达沃斯论坛 生物混合机器人话题引发热烈, Youtube(2:13ぐらいから)
  • 2018年 6月11日 BBC WORLD NEWS:Robotic fingers flex their human muscles
  • 2018年 5月31日 テレ朝news:世界初 筋肉と機械で構成したロボット 東大が開発
  • 2015年 8月27日 東京FM クロノス SUZUKI BREAKFAST NEWS:蚊の能力を応用して、捜索ロボを開発?
  • 2014年 11月20日 TV朝鮮:Global Leaders Forum,Takeuchi’s talk
  • 2014年 10月24日 Liveleak.com Cultivated muscle tissue replicates finger action
  • 2014年 4月7日  NHKラジオ第一:細胞をつないで臓器を作る~ミクロの世界を究める①~
  • 2014年 2月25日 NHKサイエンスZERO:ZEROマガジン 第2号 大胆不敵!先端科学の革命児たち
  • 2013年 12月30日 NHKニュース:神経の指令で伸縮する筋肉作成
  • 2013年 8月30日 TV東京 WBSトレンドたまご:平面・立体自在シート
  • 2013年 4月1日 NHKおはよう日本:細胞のひも状組織を作ることに成功
  • 2011年 8月11日 TV東京 WBSトレンドたまご:「光る」未来のセンサー
  • 2011年  NDTV: Robots given a sense of smell in tokyo
  • 2011年 8月2日 NHKおはよう日本:高血糖で光るセンサーを開発
  • 2011年 3月26日 NHK サイエンスZERO: 人工細胞膜をつくる
  • 2011年 3月2日 NHK おはようニッポン: 細胞を自在に作る技術開発
  • 2010年 12月25日 NHK サイエンスZERO: 創る 生物学!?
  • 2010年 12月18日 NHK おはようニッポン: 立体組織移植 特有の神経回路に
  • 2010年 9月20日 NHK国際放送ラジオ:JAPAN & World Update
  • 2010年 9月10日 TV東京 ワールドビジネスサテライト:センサー大国ニッポン
  • 2010年 8月24日 NHK おはよう日本:においに反応するロボット開発
  • 2010年 8月  6日 DigiInfo: 体内埋め込み型血糖値センサー:English, Japanese
  • 2010年 4月17日 東京MXテレビ「ガリレオチャンネル」: 人間は生物を創れるのか?試験管の中の人工細胞
  • 2009年 9月13日 BSジャパン「世の中進歩堂」: 生活習慣病を改善!?世にも奇妙なビーズが登場
  • 2009年 1月22日 NHKニュース:立体的細胞 組み合わせに成功

    雑誌等

  • 2022年   7月26日    日経BP「未来コトハジメ」:ものを食べて栄養補給するバイオハイブリッドロボット
  • 2022年   6月10日    ENN engineering network vol.511:東レエンジ、イオンチャネルを標的とした創薬研究ツールの事業化を目指す スタートアップのマクシスと共同プロジェクト契約、自社微細加工技術を活用
  • 2022年   1月13日    客観日本 (JST):人工培养肉开辟新的饮食可能性,挑战“蛋白质危机”
  • 2021年 12月  1日    JSTnews 2021年12月号:培養肉が拓く新たな食の可能性「たんぱく質クライシス」に挑む
  • 2021年 10月18日    月刊『化学』2021年11月号:最前線研究⑦「培養肉でステーキをつくる!」
  • 2021年 9月号     Nextcom Vol. 47:人工物にはない生物の特長を利用可能にするバイオハイブリッド
  • 2021年 9月号     関塾タイムス:先生教えて 研究っておもしろい! 第30回 培養ステーキ肉作りに挑戦中!
  • 2021年 6月17日   Forbes JAPAN:培養ステーキ肉も昆虫肉もここまで来た。肉は試験管から「収穫」する未来?
  • 2021年 5月20日   月刊『化学』2021年6月号:呼気に含まれる匂い分子をppbレベルで検出!
  • 2021年 5月17日   JST「来るだろう未来」から「つくりたい未来」へ:タンパク質クライシスを救う「培養肉」とは?
  • 2021年  3月21日   東京ガス プラスジー(季刊):+G「食」の情報ラボ 人類の肉食文化に変革をもたらす培養肉とは?
  • 2021年  3月  2日   New Scientist:Lab-grown meat now mimics muscle fibers like those found in steak
  • 2021年 1 月29日   読売クオータリー2021冬号:フードテックで地球を救うために
  • 2020年 12月 1日   The TAKASAGO Times(高砂香料時報)186号(高砂香料工業株式会社): 培養肉が描く未来
  • 2020年 12月号    料理王国: 食材×テック 実用化はすぐそこまで来ている⁉  実験室から生まれる培養ステーキ肉の現在地
  • 2020年 10月号    AERA : 培養ステーキ食べ頃近づく「本物」実現へ世界の先頭を走る日本
  • 2020年 10月号    Technology Review ( Germany) : FOKUS BIO-TECH “Es lebe der Roboter”
  • 2020年   7月号    臨床栄養 Vol. 136 No. 7: 培養肉研究の現状と展望
  • 2020年   6月号    日本政策金融公庫 「調査月報」 No.141: 巻頭エッセー「Think Hybrid. ~異分野融合研究から生まれるイノベーション~」
  • 2020年   5月14日   生命の根源を見つめる(白水社):「いきモノづくりへの挑戦」
  • 2019年 12月27日   広辞苑を3倍楽しむ(第106回筋肉)
  • 2019年 11月号     ㈱日本商工経済研究所「商工ジャーナル」
  • 2019年   6月  4日 SPA! 培養肉ってなんだ?:歴史上最大の「食文化」の大転換
  • 2019年   5月28日 マイナビ:SF映画が現実に! 世界初「培養ステーキ肉」研究の第一人者から未来の研究者へ
  • 2019年  5月21日 東大広報誌「淡青」38号:淡青色の注目アーティストたち 「機械仕掛けの生命体」の佐藤暁子
  • 2019年  5月  9日 UTOKYO VOICES 60:生物と機械を融合したバイオハイブリッドマシンを、日本先導で開発・普及する。
  • 2018年  9月11日 HERO-X:医療に大きな変革をもたらす培養筋肉の研究は、もうここまで来た!
  • 2018年  6月11日 GIZMODE:より人間らしく。東京大学による、機械と筋肉を融合したバイオハイブリッドロボットの研究
  • 2018年  6月  1日 Gigazine:培養した筋肉を搭載したハイブリッドロボットが開発される,
  • 2018年  5月31日 Futurism:The Cyborgs are here: Researchrs put living cells in a robotic finger
  • 2018年  5月31日 Forbes:Scientists uncover ways to integrate living muscle into machines to create a ‘Biohybrid’ Robot
  • 2018年  5月30日 National Geographic:New hybrid robot uses living muscles to move
  • 2017年 NEXT:ハイブリッドで挑む 創薬、再生医療、生命システム, 2017年5月
  • 2017年 Newton:蚊をまねて人を感知するセンサーを開発, 2017年1月号
  • 2017年  12月21日 Technologist’s magazine
  • 2016年 創業応援:人類の発展に貢献したい, 2016年6月号
  • 2016年  2月24日 Yahooニュース :【森山和道の「ヒトと機械の境界面」】生体材料を工業部品のように扱って構造を作る ~東大・山中研+竹内研
  • 2016年  2月15日 マイナビニュース :東京都・駒場で生きた細胞でデザインした「細胞彫刻」などを展示
  • 2016年  2月15日 T-SITE :東京都・駒場で生きた細胞でデザインした「細胞彫刻」などを展示
  • 2016年  2月15日 FASHION HEADLINE :東京大学内で、細胞とアートの“小さな実験室”公開。山中俊治デザインの実験器具や、細胞彫刻を展示
  • 2014年  10月30日 Business Standard :Researchers replicate movement in muscle grown from rat cells
  • 2014年  10月29日 経財新聞 :東大、立体的に培養した骨格筋細胞を使って人工関節を製作することに成功
  • 2014年  10月29日 ASCIIデジタル :ボットの駆動機構化に期待! 世界初、培養筋肉よる人工関節の連続駆動に成功
  • 2014年  10月29日 Yahooニュース:培養筋肉で人工関節が動いた!東大研究チームらの成果に「再生医療での応用に期待」中国メディア
  • 2014年  10月27日 日経テクノロジーオンライン : 東大、培養筋肉で駆動する人工関節を世界で初めて開発
  • 2014年  9月  1日 日経エレクトロニクス :超高感度“人工鼻”実現に道 培養細胞でバイオセンサー
  • 2014年  8月26日  ASIAN SCIENTIST:Sniffing Out An Artificial Insect ‘Nose’
  • 2014年  8月  1日 オプトロニクス社電子版 :KASTら 携帯可能な膜タンパク質センサを開発
  • 2014年  7月30日 オプトロニクス社電子版 :東大, 匂い受容体を匂いの物質センサとして機能させることに成功
  • 2014年 日経エレクトロニクス:-第3部 生物由来の超高性能センサー 磁気材料で人並みの感触-, 2014年4月号
  • 2014年 SQUET:~知のパイオニアたち~ ハイブリッドなアプローチで細胞から組織や臓器をつくる , 2014年3月号
  • 2013年 アスキークラウド:血糖値が高くなると光るゲル -人工膵臓-, 2014年2月号
  • 2013年 プロワイズ(日立ソリューションズ):この人に学ぶ 第 122回 生体と機械の融合は果たして可能か, 2013年11月号
  • 2013年 athome:こだわりアカデミー「再生医療への応用が期待される機械と生物の融合」, 2013年10月号
  • 2013年 Newton:「生体と機械のハイブリッド」をめざして, 2013年9月号
  • 2013年 JST news:細胞から「ひも」や臓器をつくる, 2013年7月号
  • 2013年 テルモ科学技術振興財団:点・線・面の細胞ブロックを活用し、三次元構造の組織をつくる, 2013.6
  • 2013年 naturejapanjobs: 細胞を流しながら固めて培養し、ファイバー状の生体材料に! 2013.6.13
  • 2013年 materials360:Cellular Microfibers Could be Woven into Future Tissue Reconstructions
  • 2013年 DISCOVER: Cell Fibers Could Be Woven Into Organ Transplants of the Future
  • 2013年 C&EN:ENGINEERED TISSUE ON A STRING, 2013年4月8日 p.36
  • 2013年 日本機械学会誌: 連載講座「機械工学は21世紀を拓けるか?」(第9回)Think Hybrid., 2013年3月号 pp.46-19
  • 2013年 Newton 細胞を折り紙のように折ることができた!2013年3月号 p.11
  • 2013年 Thomson Reuters : Scientists use cells to fold origami
  • 2012年 Newscientist TV:Micro-origami uses cells to fold itself
  • 2012年 SJN: 東大生研・竹内研究室、細胞やDNAの働きを利用した高性能バイオセンサ開発
  • 2012年 SAMCO NOWト: Samco-Interview, vol. 78, June 2012
  • 2012年 読売クオータリー:サイボーグはできるか, 2012年夏号 pp.120-127, 2012
  • 2012年 化学と工業:進歩する糖尿病治療と新たな課題, vol. 65-3, pp. 173-177, 2012
  • 2012年 Todai Research:耳が光って血糖値をお知らせ, Glowing ears signal sugar level
  • 2012年 日本IDDMネットワーク:患者が行く、研究者訪問
  • 2011年 へるすあっぷ21: 血糖値を光センサーでお知らせ :12月号, pp. 52-53, 2011
  • 2011年 Japan Journal: A robot’s nose for danger: vol. 8, no.3. pp.22-24, JUNE 2011
  • 2011年 Keyence 研究開発現場レポート: 第16回工学的アプローチで人工細胞の開発に挑む
  • 2010年 Popular Science: Best of What’s new 2010, University of Tokyo Olfactory Sensor,The sharpest sniffer, 2010-11-20
  • 2010年 Cell: This cell can smell, Cell, vol. 143, p. 491, 2010-11-12
  • 2010年 DIME:嗅覚ロボット, 2010-10-29
  • 2010年 BRIC : (Yunjung’s article) Injectable hydrogel microbeads for fluorescence-based in vivo continuous glucose monitoring, 2010-10-15
  • 2010年 Chemistry World:Glowing glucose tracker goes skin deep, 2010-10-4
  • 2010年 日経サイエンス:フロントランナー ,11月号 2010
  • 2010年 科学: 2010年 C&EN: A Head-Shaking Sensor , 2010
  • 2010年 Discover Magazine: How to Turn a Frog Egg Into a Robot’s Artificial Nose , 2010
  • 2010年 New Scientist:Frog cells give artificial nose the power of super smell, 2010
  • 2010年 生研ニュースキャンパスライフ特集号(2010年4月号):<サイボーグはできるか?p.8-9
  • 2010年 化学とマイクロナノシステム(2010年3月号):Think Hybrid:東京大学生産技術研究所・竹内昌治研究室訪問vol. 9, no. 1, pp.24-279
  • 2010年 日経マイクロデバイス(2010年1月1日号):人工細胞をデバイス技術で実現
  • 2010年 東京大学広報誌「淡青」(2010年1月号):血糖値に反応して光る耳!?体内埋め込み型連続血糖値モニタリングデバイスの開発, vol. 23, Jan, p. 31, 2010
  • 2010年 SemiconductorFPDWorld(1月号):膜タンパク質チップの研究開発動向, pp. 43-45
  • 2010年 SemiconductorFPDWorld(1月号):パリレンを用いた超薄型有機ELデバイス厚さ10μm以下の圧倒的な薄さを実現, pp. 58-59
  • 2009年 Chemistry World: Cell-sized vesicle assembly line , 04-Aug, 2009
  • 2009年 化学:血糖値の上昇で光る微小センサー, 月刊化学8月号, p. 77, 2009
  • 2009年 化学:血糖値の上昇で光る微小センサー, 月刊化学8月号, p. 77, 2009
  • 2009年 理系ナビ:マイクロビーズはハツカネズミを救えるか , 09夏号,pp. 16-17, 2009年6月
  • 2009年 New Scientist: ‘Living doll’ made of human cancer cells ト , vol. 2694, pp. 19, 2009
  • 2008年 Nature Digest:「細胞を創る」ことで生命を知る, vol. 5, pp. 22-26
  • 2008年 最新分子マシン(化学同人):分子マシンに新たな扉がひらかれた(金原数、竹内昌治、竹内正之、野地博行)、pp. 4-14
  • 2008年 NANOBIO news letter::細胞を包む、並べる、創る (vol.7,Jan,pp.8-9)
  • 2008年 化学(化学同人):MEMS-生化学の発展に貢献する膜タンパク質チップ(vol.63,no.1,pp.34-35)
  • 2007年 日経マイクロデバイス:半導体/MEMSが起こす医療革命(9月号・表紙)
  • 2007年 蛋白質・核酸・酵素(共立出版):MEMS技術を利用した膜蛋白質の機能計測(vol.52, no. 4, pp. 323-328)
  • 2007年 バイオテクノロジージャーナル(羊土社):MEMS、microTASによるバイオ研究前線(1月号, pp. 94-96)
  • 2007年 Bionics:>MEMSに脂質2重膜を張って、膜タンパク質研究のデバイスをつくる(1月号, pp. 22-25)
  • 2006年 バイオテクノロジージャーナル(羊土社):融合領域で成功の秘訣は(5-6月号 Vol.6, No. 3)
  • 2006年 日経ナノビジネス:微粒子を一個ずつ配列するマイクロアレイ開発 (4月10日35号 pp. 24-25)
  • 2005年 日経エレクトロニクス:撮像素子やMEMSで人工感覚 早期診断にはレーザやLED (9月12日号 pp. 103-110)
  • 2005年 Newton:生体と融合した人工デバイス (8月号広告)
  • 2005年 Newton:触覚を伝え、意のままに動かせる「次世代義手」(1月号)
  • 2005年 日経ナノビジネス:分子モータでATPを高効率に合成(No13. pp. 11-12)
  • 2004年 Bionics:生体の神経系と人工機器との直接接続を目指して (11月号 pp. 32-33)
  • 2003年 日経先端技術:微小なS字構造の移動に成功 (vol. 46 9月22日版)

    総説

  • 2017年 CLINICAL CALCIUM:骨格筋組織のin vitro 構築, 2017年3月
  • 2017年 応用物理:バイオ(DNA, 細胞)実験のコツ, 2017年3月
  • 2017年 化学工業:膜タンパク質とDNAを用いたバイオセンサの開発, 2017年2月
  • 2017年 人工細胞の創製とその応用:マイクロ・ナノデバイスによる膜系システムの理解, 2017年2月
  • 2017年 バイオマテリアル-生体材料-:微細ポリマー構造を用いた一細胞の培養と操作, 2017年1月
  • 2016年 現代化学別冊:人工細胞膜を利用した1分子検出, 2016年8月
  • 2016年 実験医学 カレントトピックス:流体せん断力はカルシウムイオンチャネルTRPV6の活性化を介して微絨毛形成を誘導する, 2016年5月
  • 2015年 分析化学:液滴接触法による人工細胞上でのチャネルたんぱく質昨日の解析と応用, 2015年7月
  • 2015年 生物物理:生体組織構築のための細胞ファイバ技術, 2015年6月
  • 2014年 バイオマテリアル:体内埋め込み型バイオセンサーとバイオマテリアル, 2014年10月
  • 2014年 化学フロンティア23 1分子ナノバイオ計測:脂質二重膜をあやつるマイクロデバイス, 2014年6月
  • 2014年 遺伝子医学MOOK別冊 細胞の3次元組織化:MEMS技術 組織化のためのMEMS技術, 2014年3月
  • 2014年 生物工学会誌:ボトムアップ組織工学, 2014年2月
  • 2013年 自動車技術:超の世界 MEMS技術を基盤とした人工細胞膜の大量作成とイオンチャンネルスクリーニングへの展開, 2013年12月
  • 2013年 S&T フィラーの配向制御技術:第12章 マイクロ流体デバイスを用いたナノファイバの配向制御とヒモ状組織化, 2013年12月
  • 2013年 電気工学ハンドブック:DNA・タンパク質・細胞ハンドリング, 2013年9月
  • 2013年 HAB NEWS LETTER:MEMS・マイクロ流体デバイスを利用した細胞の3次元組織構築, 2013年9月4日号
  • 2013年 現代化学:細胞から組み立てる立体組織, 2013年8月号
  • 2013年 クリーンテクノロジー:ナノバイオMEMS, 2013年5月号
  • 2013年 日本機械学会誌:連載講座「機械工学は21世紀を拓けるか」(第9回), 2013年4月号